Archives

now browsing by author

 

初心者は、株主優待の中身を見て株の購入を決める?

企業の株を保有していると、定期的に株主優待の品々やサービスが送られてきます。

中身は企業によって異なります。

まったくない場合もあります。

株主優待の意味や活用法をお話ししましょう。

■企業から株主に対してのお礼。

株取引にある株主優待というのは、投資先の企業から株主に向けてのお礼のようなものです。

現在では株主への決算報告(事業報告書・株主通信)も年4回の四半期ベースで行われるようになり、この株主優待も年1回~年2回送られてきます。

このお礼の品は、投資した会社の製品やサービス券などです。

たとえば航空会社の株を所有していれば航空チケットの半額分が割引になる優待券、食料品会社の株主になっていれば食料品の詰め合わせ、レジャー関連や演劇・映画関連の会社であれば、割引の入場チケットなどです。

■株主優待のもう1つの意味。

株主優待には、お礼という意外にも違った役割があります。

新製品や新しいサービスのアンケート、あるいはPRといった位置づけです。

企業はまず応援してくれている株主に、自社の今後を占う新しい商品やサービスについて率直な意見を聞きたいと思っています。

株主優待は企業が自費を投じてタダで提供するものですから、できればその機会に株主の意見を聞いて今後に役立てたいと考えています。

株主ならアンケートの回答率も高く、また意見の内容も真剣で非常に細かいという特徴があります。

企業にとってはコストの有効活用ができ、貴重な意見も収集できる絶好の機会です。

■株主優待券の使い方とは。

この株主優待は、株主にとっては非常に魅力的なもので、中には一般には販売されていないレアなものも含まれます。

だいたい5000円相当のお礼が送られてきます。

活用の仕方によっては、普段口にしない贈答用の高級な牛肉やハム、ワインなどを年1回のお楽しみにできます。

飛行機を使ってよく里帰りする人なら、それを意識して航空会社の株を所有することで、最低でも年に1回の航空運賃は安くなります。

そのようなことから、とくに女性や主婦のあいだでは、「この株主優待の中身で株主になるかどうかを決める」となるのです。

■初心者であっても初心者でなくても、株主優待の中身は変わりませんが、所定の株式数を一定期間保有している人が条件です。

株主優待にはとくに細かな規定はありません。

ただし「最低××株数以上を保有の株主様」とか、「半年以上、自社株を保有していただいている株主様」といったような前提条件はあります。

事前に確認してみてください。

長期保有の株主にはグレードアップした品やサービスが提供されるケースもあります。

初心者の場合、株主優待だけではなく企業の中身についても勉強して欲しいという思いもありますが、株主優待の魅力で長期的に企業を応援し、その間にゆっくり勉強するというスタイルもありです。

お友達の初心者と株主優待の品々を交換するのも楽しいです。

株式投信と株取引はどう違うのですか?初心者は株式投信?

株式投信と株取引の違いは意外と単純なものです。

違いを知れば両方やってみたくなります。

初心者でも、いずれは自分でやってみないと上達しないのが株取引です。

■プロに任せるか自分で株を買って行うか。

株式投信と株取引の違いは、プロに任せるか自分で株を選んで投資するかの違いです。

もう少し詳しく言うと、株式投信とは投資信託・株式ファンドと呼ばれているもので、証券会社のプロの投資家が投資先を決めて、すべての業務を代行してくれるものです。

投信にはいろいろな種類があり、複数の銘柄がセットで1つの商品になっています。

たとえば、国内株式ファンドといって、国内の株式銘柄だけを集めて1つにした商品や、海外の株式や債券だけに投資する商品などです。

もちろん個人投資家が証券会社の担当者と相談していくつかの銘柄を指定し、依頼することもできます。

株式が複数組み合わされているのは、ポートフォリオの意味からです。

■ネット証券を利用して自分で直接売買。

投信に対して株取引というのは、個人投資家が直に株式銘柄を売買することです。

証券会社の窓口に行ったり担当者を呼び出したりしなくても、現在ではネット取引が可能になりました。

家に居ながらにしてインターネットを介して株の売買ができるようになりました。

ネット証券も複数ありますので、手数料などを比較して選択・契約できます。

個人でダイレクトに行う株取引にくらべて、プロに一任する株式投信のほうが、損失の幅が小さく安全性は高いと言えます。

多くの場合、運用益を出してくれます。

■株式投信と株取引のメリット・デメリット。

リスクを負う可能性が小さい投信は、初心者が行う投資としてはたしかに適していますが、プロに一任してしまうので、株の勉強そのものはやりにくい一面があります。

初心者かどうかは別にして、自分で楽しむ株取引と、プロに依頼して地益を出してもらう投信を同時並行的にやっている人もいます。

株式の醍醐味を味わえるのは、なんと言っても自分の判断が正しいかどうかを試せるところにあります。

ニュースを分析したり市場アナリストの意見を参考にしたりして株取引をするのは楽しいものです。

双方のメリットを上手に使い分けましょう。

■株取引の初心者が陥りがちな深追いに注意。

儲けを出す基本は、自分の欲を抑えることと、合理的な判断力を養うことにあります。

初めて買った株が値上がりして利益を出すのは楽しいものです。

しかし欲張って深追いすると、一瞬で株価が下がり、売却したくてもできない局面を迎えます。

利益確定の株価を事前に自分で決めておいたり、損切りの下値を決めておいたりして、感情に左右されない合理性を習得しましょう。

その点ではプロに一任する株式投信のほうが安心です。

株の売り買いのタイミングは、初心者であってもプロであっても同じ。

値上がりする前に買って、値下がりする直前に売ることです。

株で企業を応援するとは?株は初心者です。

株は短期に投資して利益を狙うのが当たり前と思っている人が増えました。

しかし現実には、そのような投資では企業の十分な成長に結びついていません。

理由をお話ししましょう。

■企業は株主のものという時代の到来。

日本の株式市場は、長い間、個人投資家が自由に株の売買ができない時代があり、仮に株を買っても、長期保有が当たり前な時代がつづいていました。

ところが、「企業は株主のものであって従業員のものではない、だから配当金をもっと株主に出せ」、「株価が不当に安いのは経営者に責任がある」などという、モノ言う株主の出現があってから、株式市場のあり方が少しずつ変質してきたように思えます。

株主価値、株価至上主義などと言われた時期もありました。

つまり企業は社長や従業員が社会に貢献するために一生懸命になるのではなく、株主に利益を配分するために努力させられる時代へと変わっていったのです。

■企業の安定感を失わせてしまう投資。

株の長期保有が当たり前だった時代は、個人が好きな企業に株で投資をして、その資金で企業は設備投資などを行い、事業を大きく育てていくという構図でした。

つまり個人投資家は「株で企業を応援する」ことができたのです。

現在ではディーリングといって、株の売買で利益を得る短期的な投資がメインになってしまいました。

そうなると企業にはどう響くかというと、自社の株式を現金化して、長期的な視点から設備投資や海外拠点の拡充などができなくなります。

株価が短いサイクルで細かく乱高下し安定感がないからです。

短期で利益を出し株主に還元することも強制されます。

実際にそのようなことで頭を悩ませている企業の責任者はかなりの数に上ります。

■企業応援団にはなりにくい短期投資。

短期狙いのディーリングは悪いことではありませんが、企業を応援するといった意味合いからは遠く離れた投資スタイルです。

少なくても株の初心者は、利益狙いの短期投資ではなく、企業を応援する長期的投資に目的を切り替えて欲しいものです。

株の初心者が短期的な値動きに目を奪われるような日常を送っていると、結果にだけ目がいってしまって、肝心な企業の取り組みや戦略、成長性といったものはどうでも良くなってしまいます。

利益だけをむさぼる食い逃げのような投資スタイルと言っても過言ではありません。

■「株はまだ初心者だ」と自覚している間は、短期投資だけでは何も学習できません。

少なくても2つのスタイルを同時にもちましょう。

2つの投資スタイルとは、短期の「利益目的型投資」と長期の「企業応援型投資」です。

一部上場銘柄の安定株を購入して長期保有し、その傍らで短期勝負の株式を少額でいくつか買って売買すれば、投資資金がゼロになって破産などという憂き目にもあわずにすみます。

双方の株の動向を勉強して株の世界を楽しんでください。

株はギャンブルと同じですか?初心者はやるなと忠告されました。

株はギャンブルなどと言って、自慢げに売買を繰り返している人がいますが、実際の投資スタイルは他にもあります。

ギャンブル投資は本来のあり方ではありません。

■株を知らない人は短期的な利益狙い。

株はギャンブルだと言う人はたしかにいっぱいいます。

しかしそうだとしたら、その人は株を知らない人か、株式投資をそのようなスタイルでしかやったことのない人です。

つまり株で儲けることしか頭にない人です。

株式には3つのスタイルがあります。

1つは自分の好きな企業の株式銘柄を買って、長期に株を保有するスタイルです。

もう1つは、中期的にいくつかの株式を保有して、利益が出たら売って他の銘柄の株式と入れ替えていくやり方です。

そして3つめが、地益優先で短期的に儲かりそうな株を買って売買を繰り返すやり方です。

■一石二鳥で楽しい中長期的な株式投資。

他にも投資の仕方はいろいろありますが、1つめの長期スタイルは会社を応援するという意味合いの濃い投資スタイルです。

お金を銀行に預けるなら、好きな企業に投資して配当金をもらったほうが利益も大きく一石二鳥です。

3年程度は少なくても保有します。

大企業の一部上場の株式であれば、長期に保有しても大きな損失はありません。

また2つめの中期的スタイルは、いくつかの銘柄(企業)を勉強したり、比較したりすることに楽しみを見出せます。

1銘柄30万円程度を目安に業界を変えて3銘柄を買っておくなどすれば、ポートフォリオにもなります。

■中長期の株式投資なら初心者でも安心。

上記の1つめと2つめは、利益や儲けというよりも、タンス預金、企業の応援、業界や会社についての勉強するといった意味です。

株の初心者にも向いています。

中長期的に市場や業界の流れを読むのは、初心者でもやりやすいからです。

加えて安定株なので損失が少ないというメリットがあります。

3つめの短期的な投資が、質問者が言うところの「ギャンブル」であり、利益狙いの投資スタイルです。

これをやりこなしてつねに儲けをだすのは、やり慣れた人でさえむずかしく、ときに大きな売買差益は出せますが、同時に差損も生じるためトータルでは赤字になる人が大半です。

■短期的な株の売買はギャンブルと同じですが、中長期に投資するなら初心者でも安全。

株式の世界を学ぶにはいいスタイルです。

株の世界は元本保証ではないので、投資したお金の保証はされませんが、業績として安定している大手企業の株なら、初心者でも損失は小さく抑えられます。

長期で大企業の安定株を購入し、中期では中小企業のコアでレアな技術系の株を買うという方法もおすすめです。

中長期、それぞれ株の買い方を変えておけばポートフォリオにもなり、損失の最小化ができます。

大企業の株は100万円単位でも構いませんが、中小の株式は30万円ずつの分散投資方式がおすすめ。

株式は決してギャンブル的投資だけではありません。

株は初心者です。儲かるならやってみたいのですが?

株の初心者でも儲かる仕組みなどあるのでしょうか。

そのような仕組みがあるならプロでも使っているはず。

株式の利益の仕組みについて知っておきましょう。

※お役立ちサイト・・・まずはここから!株を正しく勉強するための8つのステップ【初心者向け】

■儲かる仕組みなどどこにも存在しない。

株式投資に関連したサイトを検索していると「株の投資で儲かる仕組み」とか「株で利益が得られる仕組み」といったタイトルに出会います。

しかしタイトルがそうでも、“だから儲かる”とは書いていません。

株式には保有することで得られる配当金と、株の売却によって得られる利益の2つがあり、もう少し言えば株の売買差益・差損という表現もあります。

また株主優待といって、個人投資家には定期的に“株主になってもらったお礼”として、何らかの商品や優待券が送られてきます。

これらが利益と呼ばれるものですが「儲かる」とは少し意味合いが違います。

仕組みを説明しているだけです。

■初心者では“むずかしい3つの理由”とは?

株の初心者が、株で儲けを出したいのは理解できますが、ベテランでも毎回利益をキープし続けるのは至難のワザなのに、初心者が利益を出すというのはもっとむずかしい行為です。

何かのゲームやスポーツのように、ビギナーズラックという幸運も巡ってきません。

初心者はなおさらむずかしいという理由は3つあります。

1つは世界の変動が不規則で読みにくくなっていること。

2つめは株取引は1秒を切るスピード勝負の売買に自動化されていること。

3つめが、個人投資家の多くが短期的投資に走ってしまっていることです。

■株の売買を自動化する超合理的な方法。

そのような中で、どうしても儲けたいというなら、どうやって儲けを出すかという方法論を考えておく必要があります。

株式の売買を自動化してしまう前述の2つめの形式がもっとも手堅いのではないでしょうか。

自分が保有した株式銘柄に対して、株価がいくらになったら買って、いくらになったら売るという設定をあらかじめパソコンのシステム(アプリ)に行っておく方法です。

株は欲の取引とも言われていますが、初心者が大きな損失を出すのは、もう少し株価が上がったら売ろうなどと、欲を出してしまうからです。

自動化しておけば欲が絡まないので損失も減ります。

■株取引は欲との戦い、時間との闘いです。

その中に初心者が入っていって勝利を収めるには、感覚や予測ではなく、機械に任せるしかありません。

割り切った言い方をしてしまえば、いまの株式市場には、初心者にとっての儲かる要素がありません。

その逆に、危険な要素ならいっぱいあります。

前述の3つの要素もの1つです。

気候変動による作物の不足は読めますか?ゲリラ戦による難民問題でイギリスがUAEを離脱することも、その結果株価がどうなるかも、初心者がそれを株の売買に反映させるのは無理です。

少額投資でいくつかの株式銘柄を買って、あとは機械(株式売買アプリ)に任せましょう。

少なくても損は最小化できます。